現地レポート

吉備路古代紀行 ⑥足守川を渡り備中一宮・吉備津神社へ

秀吉の高松城水攻めで知られる足守(あしもり)川を渡ると、シリーズ最長の2.2kmの直線区間に入ります。

足守川から吉備津神社へ 3D

1961年の航空写真でも、まっすぐな道とそれを基準にした碁盤目状の条理地割が見て取れます。

足守川から吉備津神社へ 1961年

さっそく現地を歩いてみましょう!

DSC01691

楯築遺跡に寄ってから足守川左岸の堤防上を歩いています。そこで出くわしたのがこれ。

DSC01698

惣爪廃寺跡とされる塔心礎です。花崗岩製で直径0.7m、舎利孔も明瞭です。

DSC01694

この先で、駅路ルートに合流します。東を眺めると、とにかくまっすぐです右の吉備の中山と、左の名越山の間の低地に向けて、一直線に進んでいます。

吉備中山と名越山の間を目指して直進する山陽道

ひたすらまっすぐ進み、線路を越えると、直角に交わる参道とぶつかります。

DSC_0027

右に進むと、備中国一宮で、吉備国総社であった吉備津神社です。足利義満が造営したとされる比翼入母屋造の本殿は国宝指定されています。

ご神体山「吉備の中山」沿いに東に進むと、備中・備前国境にさしかかります。

DSC_0041

ほどなく、備前国一宮・吉備津彦神社です。

DSC_0045

ようやくシリーズのゴールにたどり着きました。

「道は歴史を語る」とは心の師・近江俊英氏の言葉ですが、山陽道を辿ることで、キビとヤマトの歴史を学ぶことができました。

おわり

本シリーズの着想を与えてくれたのは、近江氏の『古代道路の謎』です。新書で手軽に読めますので、ご興味ある方にはお勧めです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA