現地レポート

北陸道・倶利伽羅峠の古代道路①

倶利伽羅峠(くりからとうげ)は、石川・富山県境にある砺波山(となみやま)の峠です。源平合戦で源義仲が火牛攻めで平家軍を打ち破ったとされる場所、といえば思い出される方も多いのではないでしょうか。

ここが戦の舞台となったのは、越中・加賀国をつなぐ幹線道である北陸道が通っていたからに他なりません。そして山中には今もなお、古代道路の痕跡地形が残されています。

本シリーズでは現地写真と3D地図をメーンに峠の風景をご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA