現地レポート

下総国の古代駅路 ④駅路痕跡か?! 「白鳳道ふれあいの道」実踏レポート

里山の風情が残るハイキングコース「白鳳道ふれあいの道」を歩いてきました。藪に覆われていたかつての生活道路を、地元の皆さんが整備されたのだそう。そして、この道こそが、山方駅渡海説での駅路推定ルートそのものです。

分岐点の塚や石仏がいい雰囲気です。右の道を進みます。

DSC00625

広場状の場所もあります。

DSC00620

馬の背状の尾根道も。

DSC00617

切通しもあります。

DSC00611

ここで現道に合流します。

DSC00609

ここまでを、3D地図で見るとこの通りです。

白鳳道ふれあいの道ルート

微妙にズレがありますが、明治初期の迅速測図で描かれています。

白鳳道ふれあいの道ルート 迅速測図
出典:歴史的農業環境閲覧システム(農研機構農業環境変動研究センター)

いやぁ、いい凹道でしたぁ・・・。 毎月、下草刈りをして頂いている皆さんに感謝!

と、ここで終わってはいけないのが、このブログです(苦笑)。以下、古道地形マニアらしくいきます。

周辺の下総台地は東西から谷の開析が進んでおり、わずかに残った尾根状の部分を南北に繋いでいます。底幅は1~2間(1.8~3.6m)幅で、途中、切通しなどの工事の跡が明瞭に残っています。ただし、他の峠越えの駅路(ex.北陸道の倶利伽羅峠)と比べると、投下された土木量は限定的で、狭小で曲折しています。

よって、近世に生活道路として使われた古道であるのは間違いないでしょう。

ただ、中世以前に遡らないとは申しません。地元では、台地北端の矢口(やこう)に船着き場があった、とか、岩屋古墳の筑波石を運んだ、というような伝承があるようです。

矢口にある一宮神社は、利根川方面を見渡す位置にあります。「白鳳道ふれあいの道」から龍角寺旧参道を進むと、成田市松崎の二宮神社、郷部の成田総鎮守・三宮埴生神社に至ります。伝承を裏付けるかのようです。

DSC00584

でも、残念ながら、現在の痕跡からは、奈良時代の前期駅路だとは、いえそうもありません

そうなると、前回までの仮説は撤回か? 待て次回!!(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA