現地レポート

北陸道・倶利伽羅峠の古代道路③

富山との県境まであと一息の緩やかな傾斜地に、約200mにわたって掘割状の古道痕跡が残っています。

下幅6-10mと広く、段々に造成されて農地として利用されていたようです。

古代交通研究会『古代交通研究第7号』西井龍儀「倶利伽羅峠の古道」1997年より

現地写真は果樹園の造成で消滅した西端部から、痕跡地形を覗き込んだものです。図上のB地点から。大きな切通しだとお分かりになりますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA