在宅探索の楽しみ

播磨国駅路を仮想探索! ①明石駅はどこに?

山陽道の首駅・明石駅の比定地を巡っては、決定的な遺構が見つかっていないため、長い議論が続いています。まずは立体微地形図をご覧下さい。有力な比定地4か所をプロットしてあります。

明石駅周辺の微地形_真上

特に、大蔵中町遺跡では昨年、古瓦を平らに積み上げて井戸側とした瓦積み井戸5基が検出されました。官衙関連施設で使用される国府系瓦が大量に見つかったことで、近くに駅家があった可能性があり、不明であった駅路ルートが解明されるのではないか、と騒がれました。

大蔵中町遺跡の瓦積み井戸01
大蔵中町遺跡の瓦積み井戸01
平成26年度 第1回明石市文化財審議会の提出資料「平成26年度埋蔵文化財発掘調査事業」中の大蔵中町遺跡発掘調査概要より

他に、高橋美久二氏は白鳳期に遡る太寺廃寺近くにあったとし、吉本昌弘氏は条里余剰帯から想定された駅路へスムースに連絡するとして当地に比定しています。さらに、明石(摩耶)神社、真湯坂(摩耶谷)の存在から一帯が「摩耶(まや)」と呼ばれていたと推測され、駅家(うまや)から転訛した可能性も指摘されています。

どこもあやしい!(笑) このような事情から、一つ手前の摂津国・須磨駅から通ずる駅路についても、複数のルートが想定されています。バイブル『地図でに見る西日本の古代』では下のように記載しています。木下良氏は、古代では海岸沿いが通行困難であったため、一旦内陸部に入って明石駅に達したとの説を採られていたようです。(2009年『事典 日本古代の道と駅』より

created by Rinker
¥8,800 (2021/09/26 07:50:01時点 楽天市場調べ-詳細)
明石駅周辺の推定駅路
島方洸一 企画・編集統括『地図でみる西日本の古代 律令制下の陸海交通・条里・史跡』平凡社 2009年

なお、播磨国の駅路・駅家の大まかな位置について、地元専門家の皆さんは下のように考えておられるようです。

播磨国古代官道と駅家
播磨国古代官道と駅家
岸本道昭 2015年「播磨国諸駅家と関連遺跡群」『古代交通研究会第18回大会資料』より

いや~、現地を歩きたい! でも、明石駅だけで一日かかりそうです。ということで、仮想探査シリーズのスタートです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA