現地レポート

大和国の古代道路 最終回!

現地案内板より

全国に張り巡らされた駅路網のターミナルだったのが、平城宮正門の朱雀門です。

このシリーズもついに最終回に辿り着きました。

振り返れば、仮想探索と称して予習を始めてから、半年が経ちました。

朱雀大路が空港滑走路だったら、ジェット旅客機が降りられるかも!、なんてことを書いていたのを懐かしく思い出します。

古代道路の原点である大和・飛鳥を初めて訪ね歩き、イメージがすっかり変わるほどたくさんのことを学びました。

「道は歴史を語る」というのは心の師・近江俊秀氏のお言葉ですが、しみじみと実感します。

この道のはるか先にあの都があるのだ、と想像すると、各地の駅路を歩く楽しみも倍増したように感じます。

これまで長文にお付き合い頂いた皆さま、ありがとうございました!

次の課題は、播磨国の山陽道ですね・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA